便秘と腸内フローラM

便秘アレルギーかも! 日本人の知らない遅発性アレルギー

この遅発性食物アレルギーの話を
首をながーくして待っている読者が多いので、
早速メール講座でお伝えします!

便秘アレルギーのひともいる!
< 日本人の知らない遅発性アレルギー>について。

詳しくは編集後記で・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【これは、メールを講座を受けている人に送っているメールです。参考にどうぞ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記■■

遅発型アレルギーってしっていますか?

以前、メール講座の中で、
「私は、私自身が乳製品アレルギーであると、
特別な検査方法で知った」と書きました。

この特別な検査方法についてです。

まだ、日本ではあまり知られていない検査ですが、
皆さんの役に立つかもしれないので、
しっかり書きます。

■日本人の2~3人に1人はアレルギー!?

実はアレルギーって、日本の国民病なんです。
知ってましたか?

ある調査によると、
日本人の2~3人に1人はアレルギーらしいのです。

アレルギーというと、
牛乳やタマゴなどの食べ物アレルギーなどを
思い出す方が多いと思いますが、
喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症なども
アレルギーの一種といわれています。

ちなみに、ヒガコのアレルギーは、
乳製品によって<便秘>という症状がでます。

じつは、アレルギーって色々あるんです。
下記に、遅発性アレルギーの症状の一部を記載します。

かなり長いので、読み飛ばしちゃってもOKです。

アレルギー症状で「肥満」や「情緒不安定」、「高血圧」でるなんて不思議ですよね。

PMSとよばれる「生理前後のイライラ、カラダの不調」が
アレルギー症状として表れる女性もいるそうです。

▼遅発性アレルギー症状▼

●消化器官
        腹痛、口臭、げっぷ、食後の膨満感、吐き気、嘔吐
●神経システム
        不安神経症、錯乱、憂鬱、小児の注意欠陥、多動性障害、集中力不足、
●筋骨格系
        関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさ
●泌尿生殖器系
        夜尿症、頻尿、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群
●呼吸器系
        ぜん息、胸部不快、慢性咳、咽頭炎、慢性副鼻腔炎
●循環系
        胸痛、不整脈、高血圧、頻脈
●外皮系
        アトピー性皮膚炎、にきび、爪と髪の痛み、ふけ、じんましん、目の下のくま
●その他
        過食、慢性疲労、目まい、頭痛、不眠、吐気、むくみ、肥満、歯ぎしり

■遅発性アレルギーの定義

アレルギーの定義が、

「なんかわからんけど、ある物質をとると
 免疫の反応が普通の状態とは違ってて、体に症状が出る」

ってことなので、いろいろアレルギーの症状に含まれるんですよね^^;

いま、すごーく簡単に表現したので、
正確なアレルギーの定義を知りたい方はネットで検索してください

■アレルギーは腸の力をアップさせると改善するのか!?

ポイントは、「アレルギーが免疫機能のトラブル」であることです

これは、まだお医者さんが必死になって研究していて、
アレルギーの根本的な解明には至ってないようです。

とりあえず、いえることは
「アレルギーが免疫トラブルであるならば、
腸の状態によってアレルギーの症状も変わる可能性が高い」
ということです。

ぜひ、アレルギーに悩んでいる方は、
腸内フローラを育てて、
免疫力を正常に高めていきましょう。

※もちろん、お医者さんの指示に従ってください。

■一番、効果を感じやすいアレルギー対策とは?

アレルギーへの対応として、
腸内フローラを育てることは重要です。

腸内フローラの状態が免疫力に影響をあたえるだけでなく、
体に合わない物質を排出する機能をもっているからです。

排便などを通じて、どんどん、体に悪影響を与えるものは、
排出していきましょう。

 
でも、

「アレルギーに対して効果を一番実感しやすい方法が、
 【腸内フローラの育成】なのか?」

といわれれば、実は、短期的には、もっといい方法があります。

腸内フローラを育てる方法は、体質的に改善する方法で、
結果を実感するまでに時間がかかります。

短期的に効果を実感する方法が、
アレルギー反応を引き出す特定の物質を避けることです。

スギ花粉症のひとが、 
スギの花粉が体内に入らないように、マスクをし、
ゴーグルをかける。

こうすることで、スギ花粉症の人は、
ある程度、アレルギー症状が出るのを防ぐことができます。

これと同じで、
他のアレルギーの人も特定の物質を避ける事でアレルギー症状を
避ける事ができます。

■アレルギーを引き起こす特定物質を調べる検査

アレルギーを”避ける”為に一番の問題は、
「アレルギーを引き起こす特定の物質が何かを知る必要がある」
ということです。

次回は、
自宅でできる最先端アレルギー検査の方法について。

 

ぜひ完全無料のメール講座に登録して、情報を受け取ってください。

いつも腸内フローラ改善に役立つ情報を全力でお届けします!

 

ヒガコのサイトで人気のメール講座

腸内フローラ改善メール講座

   ↓ ↓  クリック   ↓ ↓

 メール講座:腸内フローラ改善道場】

   ↑ ↑  クリック  ↑ ↑

 

便秘や下痢は腸内フローラ(腸内環境)からの危険信号

 

こんばんは、ヒガコです。

今日は「腸が喜ぶ食事-便秘や下痢は危険信号-」について。

詳しくは編集後記で・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メール講座を読んでいる方だけに「腸内フローラダイエット」をプレゼント中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記■■

便秘や下痢は腸内フローラからの危険信号

先日は、

 食事が腸の力と免疫力を上げるのに重要!
 ポイントは、昔ながらの日本人の食事。
 そして腸内フローラがよろこぶ食事が大切。

 …ってとこまでお伝えしました。

 今回も、腸の力と免疫力を上げる方法ついて書きますが、
 先に以下について教えてください。

 あなたは便秘ですか?

アナタの腸内フローラは元気?

あなたは便秘ですか?

また、下痢ではないですか?

便秘については、
「2-3日排便しなくても本人が不快でなければ便秘ではない」
といわれています。

でも、毎日出せるものは出したほうが絶対に良いです。

便は排泄物です。体の中にため込むと有害な物質が
体内にあるということで、肌も荒れますし、
体調も気分も悪くなります。

便秘や下痢が慢性的な人の腸内フローラはヤバいかも

便秘、下痢の人はほぼ確実に腸内フローラが健康ではないです。

これから書く腸内フローラの改善方法を実行すると、
便秘や下痢なども落ち着いてきますので、ぜひ実行してください。

あまり、人に言えず、
陰で苦しんでいる人も多い排便の問題ですが、
最悪の場合、死んでしまいう方もいます。

もう何年も前の話になりますが、
便秘原因で死んでしまった
20代の女性の話は有名な話です。

便が腸の中でコンクリートのように硬くなり、
排泄することができず、
体中に毒素がまわって、
彼女は死んでしまいました。

週に1回の排便しかないなど、
あまりにもひどい排便の問題を持っている方は
「便秘外来」など全国に専門の病院がありますので
一度行ってみてください。

こういった専門の場所では、
なかなか普通のお医者さんに相談できない便秘や下痢の話を
きちんと聞いてくれます。

ここでは、腸と免疫力について書いているので、
あまり便秘の直接的な話をしませんが、
いつか話をしたいと思います。

もし、便秘外来に行くのであれば、
私の教訓を記事にしますので、
それを読んでから病院に行くのがオススメです。

繰り返しますが、
便秘や下痢の根本的な解消法の一つには、
次回から書く「腸内フローラがよろこぶ食事」が
お役に立つと思いますので、
ぜひ実践してください。

便秘や下痢が解消すると、人生が変わります。
私は身をもって体験しました。

腸内フローラがよろこぶ食事はヨーグルとではない!?

次回は、腸内フローラがよろこぶ食事について書きます。

ちなみに、わたしは腸内フローラがを育てるために
ヨーグルトはおすすめしません。

日本人の85%が、ヨーグルトが体にあわないからです。

腸内環境をよくするためには、
アナタが赤ちゃんのころから持っている
腸内菌の育成がポイントです。

では、メール講座で!

 

▼腸内フローラ講座の読者登録はココから▼

腸内フローラ改善メール講座

腸内フローラ改善メール講座

 ↑ ↑ 完全無料の腸内フローラ改善メール講座はクリック(完全無料) ↑ ↑