腸内フローラと健康は密接。「XXしないこと」が腸の健康の為に重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
腸内フローラと健康

腸内フローラと健康の関係をもう一度見なおしてみてください。このブログを初めて遊びにきてくれた人の為に「腸内フローラと健康の関係」をまとめてみました。

腸の汚れは万病の元ですよ!

腸内フローラと健康の関係とは

健康の鍵は腸内フローラが握る!

私たちの体は食べたものでできています。そのため、消化・吸収・排せつがスムーズに行われていないと、肩こりや肌荒れ、頭痛といった不快症状が現れます。

知っていますか?

「人が抱えている不調は腸が関与している」と言われ、「腸の汚れは万病のもと!」といわれています。  

体質や体調不良を改善するには、まずこの腸内フローラを改善することが大事です。 腸内フローラのバランスが悪くなると便秘や下痢になったり、免疫力が低下して腸炎や全身感染症を引き起こす原因になることもあります。

 腸内環境をよくすることで健康が維持でき、不調が改善する効果を期待できます。また、腸内フローラ改善で健康になれば、お肌のシミやシワなどにも効果があるといわれています。 日々の暮らし方や食事に気をつけることで、腸内フローラは改善することができます。 腸をキレイにして、健康と美容を手に入れましょう。

腸内フローラと健康に悪いこと

まず、腸内フローラの健康に悪いことを知ってください。腸内フローラの健康のために何かをはじめるより、「腸内フローラの健康のためにしない行動を決める」ほうが効果的な場合は多いです。

睡眠、運動、食事のバランスを崩すこと

睡眠・食事・運動のバランスが崩れた時に不健康になりがちです。もちろん、睡眠、運動、食事のバランスが崩れると、腸内フローラの状態も悪くなります。 睡眠不足や運動不足、ストレスや体の冷えなども胃腸の機能を低下させます。

食事を食べ過ぎること

特に腸内フローラの健康のために食事に気をつけてください。昔から、「腹八分目が長寿の秘訣!」といわれています。確かに食べ過ぎは腸内環境を損ないます。 その人の消化吸収能力を超えた量を胃腸に送り込むと胃腸は疲れてしまい、吸収しきれないものが溜まって毒素を発生させます。 毒素は肝臓の働きを低下させるので、体内の解毒がされずに血液がドロドロの状態になってしまいます。そうなると不健康に向けてまっしぐらです。

腸内フローラの健康を考えない食事を摂ること

腸内フローラを良好に保つには、日々の食事の内容も大切です。 肉や乳製品などの動物性脂肪、インスタント食品や冷凍食品などは腸内の残留時間が長く、 悪玉菌のもとになりやすいといわれています。その他にも過剰な糖分、塩分、食品添加物も胃腸を疲れさせます。

 自分の体の声に耳を傾けて、腸内フローラの健康に良い暮らしがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メール講座:腸内フローラ改善道場 全8回

 腸内フローラを改善するためのメール8通を送ります! 

【腸内フローラの改善がおすすめの方】
 
 ● 医者には相談するほどではないけど、体調が悪い方
 ● 便秘体質の方
 ● 花粉症に悩んでいる方
 ● 免疫のトラブルによりアトピーなどが辛い方
 ● 腸内フローラ改善でデトックス ダイエットをしたい方

 


無料メール講座に興味がある!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*