遅発性アレルギー検査結果 全5枚を大公開 ! 便秘、鬱病が改善した!

遅発性アレルギー

遅発性アレルギー検査の結果、全5ページを大公開中。
わたしは遅発性アレルギー検査のために病院に行かず、自宅でパパッと行いました。
結果、「卵」と「乳糖を含む乳製品」に対して遅発性アレルギーであることが判明!
おかげで長年悩んでいた便秘、異常な眠気、鬱病症状が改善しました。

▼こんな人におすすめ

  • 遅発性アレルギー検査に興味がある
  • 原因不明の体調不良がある
  • どうしても治らない持病がある
  • 便秘や異常な眠気など医者には理解されない不調がある
  • 鬱病など精神的に不調がある

続きを読む

便秘外来体験ブログのまとめ

便秘外来ブログ

便秘外来のブログ内容をまとめました。

みんな恥ずかしがって、便秘外来の通院体験をブログにアップしないのですが、便秘外来に通院した経験のある知り合いに頼みました!

知らないだけで、便秘外来に通院している人はいますよ。

 

続きを読む

便秘外来口コミ体験談!下剤に頼った生活を治してくれた便秘外来

便秘外来口コミ

便秘外来の口コミって少ないです。

昔、便秘外来に行く前に、便秘外来通院のブログ記事とか探したのですが、全然インターネット上には口コミが無かったのを覚えています。

やっぱり便秘外来に行くのって恥ずかしいから、いくら匿名でも便秘治療の話とか書きたくないんでしょうね。。。

今回は、便秘外来の口コミを知り合いの方にお願いして書いてもらいました。ぜひ、便秘外来への参考にしてください。

続きを読む

酸化マグネシウムの市販薬には2種類あるって知ってた?

酸化マグネシウム市販薬の種類

こんにちわ。腸内フローラ改善道場の師範、ヒガコです!
酸化マグネシウム系の市販薬の選び方って知ってますか?

「酸化マグネシウム」っていう言葉を知っているだけで、かなりの便秘持ちであるだろうアナタに、
ちょっとだけ市販薬便秘薬の選び方をアドバイスします。

これを見れば、もう市販の酸化マグネシウム便秘薬選びで迷いません

続きを読む

便秘治療の病院で便秘改善体験!結果、薬の副作用で泣いた体験ブログ

便秘外来

便秘治療のために病院に行った昔の体験話です。あのとき、便秘治療薬で泣きました。

もう数年前に行った便秘治療の病院のことなので、今どうなっているかわかりません。でも、基本的に便秘治療の方法、処方される便秘治療薬は変わってません。

便秘治療の為に病院に行こうと考えている人は参考にしてください。

続きを読む

便秘や下痢は腸内フローラ(腸内環境)からの危険信号

 

こんばんは、ヒガコです。

今日は「腸が喜ぶ食事-便秘や下痢は危険信号-」について。

詳しくは編集後記で・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メール講座を読んでいる方だけに「腸内フローラダイエット」をプレゼント中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■編集後記■■

便秘や下痢は腸内フローラからの危険信号

先日は、

 食事が腸の力と免疫力を上げるのに重要!
 ポイントは、昔ながらの日本人の食事。
 そして腸内フローラがよろこぶ食事が大切。

 …ってとこまでお伝えしました。

 今回も、腸の力と免疫力を上げる方法ついて書きますが、
 先に以下について教えてください。

 あなたは便秘ですか?

アナタの腸内フローラは元気?

あなたは便秘ですか?

また、下痢ではないですか?

便秘については、
「2-3日排便しなくても本人が不快でなければ便秘ではない」
といわれています。

でも、毎日出せるものは出したほうが絶対に良いです。

便は排泄物です。体の中にため込むと有害な物質が
体内にあるということで、肌も荒れますし、
体調も気分も悪くなります。

便秘や下痢が慢性的な人の腸内フローラはヤバいかも

便秘、下痢の人はほぼ確実に腸内フローラが健康ではないです。

これから書く腸内フローラの改善方法を実行すると、
便秘や下痢なども落ち着いてきますので、ぜひ実行してください。

あまり、人に言えず、
陰で苦しんでいる人も多い排便の問題ですが、
最悪の場合、死んでしまいう方もいます。

もう何年も前の話になりますが、
便秘原因で死んでしまった
20代の女性の話は有名な話です。

便が腸の中でコンクリートのように硬くなり、
排泄することができず、
体中に毒素がまわって、
彼女は死んでしまいました。

週に1回の排便しかないなど、
あまりにもひどい排便の問題を持っている方は
「便秘外来」など全国に専門の病院がありますので
一度行ってみてください。

こういった専門の場所では、
なかなか普通のお医者さんに相談できない便秘や下痢の話を
きちんと聞いてくれます。

ここでは、腸と免疫力について書いているので、
あまり便秘の直接的な話をしませんが、
いつか話をしたいと思います。

もし、便秘外来に行くのであれば、
私の教訓を記事にしますので、
それを読んでから病院に行くのがオススメです。

繰り返しますが、
便秘や下痢の根本的な解消法の一つには、
次回から書く「腸内フローラがよろこぶ食事」が
お役に立つと思いますので、
ぜひ実践してください。

便秘や下痢が解消すると、人生が変わります。
私は身をもって体験しました。

腸内フローラがよろこぶ食事はヨーグルとではない!?

次回は、腸内フローラがよろこぶ食事について書きます。

ちなみに、わたしは腸内フローラがを育てるために
ヨーグルトはおすすめしません。

日本人の85%が、ヨーグルトが体にあわないからです。

腸内環境をよくするためには、
アナタが赤ちゃんのころから持っている
腸内菌の育成がポイントです。

では、メール講座で!

 

▼腸内フローラ講座の読者登録はココから▼

腸内フローラ改善メール講座

腸内フローラ改善メール講座

 ↑ ↑ 完全無料の腸内フローラ改善メール講座はクリック(完全無料) ↑ ↑ 

日本人の腸内フローラが増える食事

日本人の腸内フローラ増える食事

こんばんは、ヒガコです。 今日は 「腸内フローラが増える食事ってなんだ?」について。

それは、日本古来の発酵食品です。

詳しくは編集後記で・・・

【これは、腸内フローラ改善道場メールを講座を受けている人に送っているメールです。参考にどうぞ】

■■編集後記■■

先日は、

 食事が腸の力と免疫力を上げるのに重要!

 でも、ヨーグルトは85%の日本人には合わない。
 じゃあ、どうやって腸内フローラを育てるのか?

 赤ちゃんのころから持っている
 腸内の善玉菌が育つ食事が重要。

 …ってとこまで、お伝えしました。

赤ちゃんのころから持っている腸内菌を育て増やすのが効率的

人それぞれ、その人の腸内フローラに合う菌は異なります。
他の人に合った乳酸菌がアナタの腸にとって
相性がいいものとは限りません。

自分の腸内環境と相性が悪い乳酸菌は、
アナタの腸に住みつけず、3-7日で排出されるといわれています。

良いと思って摂っているヨーグルトやサプリメントは、
実はあまり健康に役立っていないかもしれません。

でも、アナタが赤ちゃんの頃から
腸に住んでいる腸内菌であればどうでしょう?

アナタの赤ちゃんのころからある善玉菌であれば、
アナタの腸に定着しやすく、
腸の健康のため効率的なはずです。

私は腸の力をアップさせる、
腸内フローラが喜ぶ食事を次のように考えています

  • もともと私たちの体の中にすでにある、その人固有の腸内フローラ(常在菌)に   元気を与えて活性化させるのが一番体によく、効率がいい!!  
  • 腸内フローラが喜ぶ食事とは、腸内のフローラに新たな菌を与えるものではなく、   すでに体の中にできている腸内フローラを育てる食事である。

これは、私が考えているだけのことではないです。

ヨーロッパでは「プレバイオティクス」という名前で知られる、 主流の考え方です。

日本人の腸内フローラは発酵食品で育て増やす

では、日本人の腸内フローラを育て増やす食事とは、
どんな食事なのでしょうか?

それは、日本の伝統的な発酵食品です。

日本人の昔から受け継いできたな発酵食品。
味噌や醤油、酢、ぬか漬け、納豆などは
善玉菌の乳酸菌、乳酸菌の仲間の菌が大量に含まれています。

これらに含まれる乳酸菌が、腸内フローラを育てることができます。

東京医科歯科大学の名誉教授 藤田紘一郎先生が
インタビューでわかりやく
日本の発酵食品に含まれる乳酸菌の重要性について
書いてあるので引用します。

“私たちの腸の中にいる乳酸菌は、親から子へ、
 環境の中で引き継がれてきたものです。当然ながら、
 日本人の乳酸菌との相性を考えれば、日本の伝統的な発酵食品の中に
 含まれる乳酸菌のほうが、欧米の乳酸菌より相性がいいはずです。”

“しかも、日本の発酵食品は多くが植物性です。
 乳酸菌の多くはヨーグルトなどに含まれる
 動物性乳酸菌よりも胃酸に強く、
 生きて腸に届きやすいことが知られています。”

“育菌(自分の乳酸菌を育てること)で腸を元気にするためには、
 納豆やみそ、しょうゆなどの日本古来の発酵食品を
 ぜひ毎日の食卓に乗せるように心がけてください。”

■腸内フローラ改善道場のまとめ

このメルマガも終わりです。 以下にまとめを書いておきます。

  • 腸の力で人生はかわります。
  • 腸の状態で、体調や精神状態も大きく変わります。
  • 重要なのは「運動」「睡眠」「食事」。
  • 特に食事が重要です。
  • 食事は和食を基本として、日本の発酵食品をとるのがベスト。
  • 発酵食品の中に含まれる乳酸菌が、アナタの生まれながらに持っている  腸内フローラの力をアップさせます。
  • ヨーグルトは、体に合わない人がいるから気をつけて。
  • 便秘は絶対、改善しましょう。

■腸内フローラ改善道場のヒガコから最後に:

私は、いままで色んなお医者さんのお世話になりました。
医者が私を治してくれる!と思っていました。

でも、病院に長い間お世話になっている間に、
それは他力本願な気持ちであると気づきました。

結局、病気は自分の力で治すものです。
お医者さんは、そのサポート役です。

どんな病気であったとしても、
最終的には自分自身が頑張らないと意味がありません。

仮に、お医者さんがアナタのすべての体調不良を治してくれたとしても、
「医者が私の体調不良を治してくれる!」と思っていたら、
また病気になるでしょう。

病気には、そもそもならないように自己免疫力を高めて備えるべきものです。
そして、病気はならないように自分自身で気を付けるべきものです。

— 自分自身の腸の力を上げることで、自分の体を健康にする。

これが重要です。

自分の人生に責任を持つ。
自分自身の幸せに責任を持つ。
自分自身の健康に責任を持つ。

これが大切です。

では、今後は不定期に番外編をおくります。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

▼まだ腸内フローラ改善のメール講座を読んでいない方はこちらから▼

腸内フローラ改善メール講座

腸内フローラ改善メール講座

完全無料の腸内フローラ改善メール講座はこちらから(完全無料)

腸内フローラ改善道場に登録すると以上のような役立つ情報を発信します

腸内環境改善のために野菜野菜だけではダメ

こんばんは、ヒガコです。

今日は「腸内環境改善のために野菜野菜だけではダメ」について。

ポイントは、 昔ながらの日本人の食事。そして腸内フローラが喜ぶ食事!?

詳しくは編集後記で・・・

■■編集後記■■

腸内環境改善のために野菜野菜だけではダメ

先日は、  腸の力や免疫力を強くするには、  「運動」「睡眠」「食事」です。  でも、食事に気をつけるって、  野菜を食べればいいってわけではない  …ってとこまでお伝えしました。

腸の力、免疫力を高めるのは食事から

食事はすごい重要です! 結論を先にいうと、 日本人には、和食がいちばんカラダに合ってます! 食事から健康になるために、 「あるビタミンや栄養素をとれば大丈夫!」ということは 残念ながらありません。  どのビタミンや栄養素もとても重要です!!  健康に気をつけている方でも、 結構、「野菜だけ」や「お肉や魚だけ」と どちらかに偏った献立になりがち。 ですが、野菜も肉も魚も、どちらも体には非常に大切。 ダイエットで嫌われる油さえ、重要な栄養素の一つです。 ビタミンや栄養素は、 それを単体で採ってもなかなか吸収されません。 いろんな栄養素と一緒に体に取り込まれることによって 効率よく体に吸収されます。 肉や魚から良質のたんぱく質を、 野菜からは酵素やビタミンなどをしっかり取りましょう。 なにか一つに偏るのではなく、 バランスよく食事はとってください。

一汁三菜で食事は選ぼう

忙しい毎日を送っていると、 便利なインスタントや加工食品を食べがちですが、 食品添加物の少ない、かつ、 栄養素のいっぱいの新鮮な食材で食事を作るのがいいです。 また、栄養を取るときのポイントですが、 できるだけ、おかずを食べましょう。 その分、白米やパスタ、パンなど 炭水化物を少なくすると色んな栄養素を取りやすいです。 外食では、ラーメンや丼物など手軽でおいしく食べがちです。 でも、ラーメンや丼物は、 炭水化物が中心で肝心の栄養素が少ないです。 外食が多い方は、注文の際に、 一汁三菜(ご飯と汁物、おかず、漬物の組み合わせ)の料理を 選ぶといろんな栄養素がとれるのでオススメです。

その他の手軽な栄養のとり方    

ご飯は発芽玄米や雑穀にするのがオススメです。  玄米は人によって合わないことも。  玄米って、きちんと栄養として食べることを考えたら、  結構ムズカシイ食品です。  もし、食べ物を変えて「最近、体の体調が良くないなー」っとおもったら、  その食品が「アナタの体には合わない食品」なのかもしれません。  体の様子を見ながら食事をしてみてください。

腸内フローラがよろこぶ食事が  腸の力、そして免疫力アップにつながる

重要なので繰り返しますが、 腸の力を高めることが、免疫力を高めることになります。 免疫機能の7割は腸が関係するからです。 この腸の力をアップさせるポイントとして、 「腸内フローラがよろこぶ食事」が大切です。

アナタの腸内フローラは元気?

あなたの腸内フローラは元気ですか? 実は便秘ではないですか?

では、次回は 「腸内フローラがよろこぶ食事-便秘や下痢は危険信号-」 についてお話します。 「便秘じゃないよ~」って方でも、非常に重要なことですので、 ぜひ読んでください。

 

続きは、人気の腸内フローラ改善メール講座で▼

腸内フローラ改善メール講座

腸内フローラ改善メール講座

完全無料の腸内フローラ改善メール講座はこちらから(完全無料)クリック!